Kuma Ichigo (くま一号)
  • Author:Kuma Ichigo (くま一号)
  • Kuma Ichigo (くま一号)の Hobby site.
    YURI, NOVEL GAME, VOCALOID & VOICE SYNTH.
  • RSS
怪盗紅薔薇の隠れ家
【を】な別室、です。
Counter



最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


RSS


mail form

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外サイト
いや、マリみて海外サイト、何年か前にぐるっと回って爆笑したことがあったんだけど、ふとしたきっかけでまたぐるっとしてみた。全然様相が変わってる。わははははは。

 あの時は、架空のドメインのつもりで、rosagigantea.netとか、一応存在は調べたつもりででっちあげちゃったら、実在してて、しかもフランスのマリみてファンサイトだった(今は消えてるみたい)というのがきっかけだったんですけれど。

 様相が変わったというのは、アニメや漫画じゃなくて、今野せんせの小説そのものの公式な訳本が出始めてるの。だから、訳語が固まってるの。
いや、3年前にはまさかマリみてが翻訳と思ったよ。

 意外なのは、タイトルの「マリア様がみてる」というのが訳しにくいらしいということ。
直訳で、マリア様があまねく地上をみていらっしゃる、という表の意味にはならないみたいだし、そのタイトルで百合に走るとキリスト教圏だと宗教的反発も来るみたいだし。へええ、なんで? という感じなんだけど。
 しかも悪いことすると見てますよ、というちょっと妖しい意味を含めるのは(含んでると思ってるのはくまだけか)翻訳者には至難だよね。

 で、公式の英訳はまだないみたいだけど、英語のタイトルが国際的に "Maria-sama ga mireru" で確定してしまってるのね(笑)。 おい。
 3年前には、勝手に小説を訳してる人たちがいくつかのグループあったんだけど、タイトルは定まってなかった。日本語そのまんま、が定着するとは思わなかった。 うーん、ネタとしては面白くない。
 勝手訳はだいぶ進んでて、いばらの森/白き花びらの完訳があったり。 長沢版漫画は……単行本のほとんど完全版が流れていたり……いいのか?

 びびったのが台湾……へええ、ライトノベルって大量に訳されてるんだ、3年前は小説の公式外国語訳ってなかったけど、とうとう公式の中国語……えっと繁体字北京語だと思うけど……え? いとしき歳月(後編)まで出てるの? 祐巳一年生編終わってるじゃん。
 タイトルは、3年前は、大陸系の「聖母在上」 (マリア様は天におわします、てな感じなのかな? 実際は簡体字が多かった) とその他の
瑪莉亞的凝望 」が、中文圏を二分してた。
↑中国語繁体字、化けたらごめんなさい? 日本語でそれらしく書いて[王馬]莉亜的凝望、これは直訳っぽいよね、漢字的になんとなく。凝視されてるみたいでやだ、という話が3年前の時はあったけど。

 で、台湾で公式版が出たので、
瑪莉亞的凝望 」が圧倒的に多くなってる。
 台湾行ったら買ってこよう。いや、行きたくないんだけど仕事が……さすがに明後日フライトの上司に頼む勇気はなかったけど……。


 笑えるのが、ドイツ語。 って、え~~~~~~~。
英訳より先に独訳がでてるの? ウァレンティヌスの前編まで、5冊出てるよ。ちゃんと26冊の表示があるよ。
シリーズの5冊まで出てるっていうのは、売れてるっていうことだよね?
うーん。マリみて畏るべし。というより、ニッポンのラノベ畏るべし。

 で、なにが笑えるかって。 マリみてのドイツ語訳が出たらどうなるかって、わかり切ってるじゃないですか。
そうです、あなたの予想通り、なにこのローゼンメイデン

 タイトルがもういきなり、Rosen unter Marias Obhut ……えっと、自動翻訳自動翻訳、う、ぐーぐる翻訳では意味不明。 ローゼン・ウンター・マリアズ・オプフット?
ネット辞書引きながらだいたいなんとなく訳すと、直訳的には、マリア様が見守る薔薇たち。 見守るというより「庇護する」なのかしら。つまり、

「マリア様がみてる薔薇乙女


 来ましたね。pastel pureとは違う方向に走ったアリプロですね。
 いや、乙女とは書いてないけど訳すならこうでしょう。 

 んで、当たり前すぎるほど当たり前に
薔薇さま=ローゼン
です。

 いちいちローズレッドの文字サイズミディアムがめんどくさくなってきたので、ここから普通に。
じゃあ、リリアン女学園は、デル・リリアン・ハイスクール・フュア・メイデン……は、外れ。 メイデンじゃなくてメートヒェンになるのね。って「女子高校」にメイデン=乙女つーか処女はないだろ。 無知がばれるので、ドイツ語の綴りは書きません。 「女学園」は訳してない?……高等部がオーベルシューレじゃなくて英語のハイスクールなのはなぜだろう。それって普通なのかな?

 んじゃあ、スールは、って、そのまんまフランス語のスールです。 その国の言葉の「姉」「妹」と聖職者の意味の「シスター」と重ならない言葉にすると、どこで訳しても「スール」になるところがおもしろい。 プティスールもプティスール。

 さて、だんだん核心に入ってきますが。
山百合会=yamayurikai  あれ? あっそう。 それ、yuriって発音を入れたかっただけだろ・疑惑。
つぼみ=ローゼンクノスペ あら? 薔薇のつぼみの直訳?
つぼみの妹=ローゼンクノスペ・アルス・プティ・スール わははは、独仏ごっちゃまぜ。

さあ、メインイベントです。
紅薔薇さま=レーテ・ローゼ
黄薔薇さま=ゲルベ・ローゼ
白薔薇さま=ヴァイス・ローゼ

うそおぉぉ。おもしろくないぃ~~~。
 短い紹介文から拾った単語だから、本文にはロサ・キネンシス・アン・ブゥトン・プティ・スールがちゃんとあるかもしれないんだけど……。

 仏訳になったら翻訳者が頭をひねってどういう腸捻転になるか期待してるんだけど……だって日本語から英語に自動翻訳したのを、もう一度日本語に自動翻訳するようなものでしょ? でも、この分だとふつーにおもしろくないかなあ。

 でもね、志摩子さんに、ロサ・ギガンティアよりは、ロゼ・ブランシュの方が似合うような気はしなくもない。

関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。