Kuma Ichigo (くま一号)
  • Author:Kuma Ichigo (くま一号)
  • Kuma Ichigo (くま一号)の Hobby site.
    YURI, NOVEL GAME, VOCALOID & VOICE SYNTH.
  • RSS
怪盗紅薔薇の隠れ家
【を】な別室、です。
Counter



最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


RSS


mail form

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたを探しに 感想そのいち
以下ネタバレ
「あなたを」探しに、なんですね。まず。
ずーーっと、私を捜していたマリみてで、ほとんど初めての。

 さてと、まず白薔薇編から行きます。
おそらくは、ファンからは総攻撃されるであろう、白をあえて。
紅黄は、王道でほんとに最後まで持って行かれた。けど、白は別の意味でおもしろかったし、意外にこれからの中心線になりそうな気がするので。

 ミステリー仕立ての謎解きは、それ自体おもしろかった。
この一年生二人はただのゲストじゃないでしょう。千保さん、の名前をやけにもったいぶって出したところなんか、ただの「あなたが探せた」というだけではなさそうで。

 けど、問題は志摩子さん自身です。
扉鍵あたりまでで(特に薔薇ミルで)思ったことをクローズドなところに書いた、概要再録。
「兄が唐突に出てきたっていうのは、寺を継ぐ必要を消したんでしょう。シスターになる意志が希薄になったの、もうちょっと乃梨子との間の葛藤があるかと思ったら、あっさり兄に言ってしまった。
 その上、周囲は志摩子・乃梨子の姉妹を安定してると見ていて、『白き花びらしまのり編』はありそうにない。
 信仰も愛もテーマにならない志摩子さんって、いったいなんなのそれ?
 そのかわりに、唐突に「うちは複雑だから」。そんな設定あった? 瞳子は継子なみの家庭の事情に襲われる志摩子さん? それってちがくない? 」

 で、答えが出たように思うんですよ。
自分が犬だと思っていて、群れの中に入っていけないオオカミだった志摩子さんが、狼の群れのリーダーになっちゃった、あるいはならないといけない。どーすんの。
 二年目の薔薇さまとして、次期薔薇さま、二年生トリオのリーダーになりますね、ここんとこ、そうなってきた。

 んで、今回の謎解き。相手を笑わせたい、デートの相手を楽しませたいっていう動機からやってるんですね、志摩子さん。 「主催者側」なの。最後まで。
 デートでの祐巳、由乃との最大の違い。
 で、ありながら、警備員さんに「生徒会です」って言いながら、生徒会長の自分にまだとまどってる志摩子さん、というのが今回の白。

 んで、これがマリみてのテーマになるかっていうと、ならない、というか、このまんまではならないでしょう。で、気になるのが最近の乃梨子の過剰適応、ってやつ。
 志摩子さんの次の白薔薇になる、というのが、本当に乃梨子の意志なのか、志摩子さんの前だけで出てくるのか。どうみても、後者に見えるんですけど。と、もう一度孤立するんじゃないのかな、志摩子さん。
 加えて、次は乃梨子の家も出てくるでしょう、きっと。
ただ、そういう要因は、全部自分の中で解決してしまう。 瞳子は瞳子であればいい、になるところがマリみてで、それはマリみてがマリみてであるための必須条件なんだからそれでいいのよ、というのが今回の感想……って紅につっこんじゃった。


 話を戻して、薔薇さまからの視点の物語、というのが成立するのか、扉鍵~クリスクロス~今回で探っていたように見えるんですね。

 結果、この三冊で、企画からイベントを実行して反省会やって、デートまで。
その主催者側の昂揚と充足感ってのが、結構伝わってきた気がする。
「去年」の祥子、令、志摩子は、引っ張り回されるだけだった。
だから、今回の前半部分って、実はこれからの展開の基盤になるんじゃないかなって。
で、これがマリみてのテーマになるかっていうと、うーん。
お手並み拝見です。今野せんせ。

 じゃ、それがなにかっていうと、姉側の物語でしょ、要するに。
で、これがマリみての一冊のメインのテーマになるかっていうと、
お手並み拝見です。今野せんせ。

関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。