Kuma Ichigo (くま一号)
  • Author:Kuma Ichigo (くま一号)
  • Kuma Ichigo (くま一号)の Hobby site.
    YURI, NOVEL GAME, VOCALOID & VOICE SYNTH.
  • RSS
怪盗紅薔薇の隠れ家
【を】な別室、です。
Counter



最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


RSS


mail form

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸騒ぎの木曜日 (笙子祭II 寄稿版)

 胸騒ぎの木曜日








「『なお、茶話会には黄薔薇のつぼみと紅薔薇のつぼみも参加の予定』だって。きゃーーー。」

 今日何度目の「きゃー」だ、と思いながら……

 わくわくしてるひとりが、いた。



「笙子さん笙子さん、お読みになりまして?」
 さっそくやってきたのはクラスメイトの智奈美さん。

「もちろん。智奈美さん、参加するの?」
「うーん、自分が参加するかどうかは考えちゃうなあ。」
「どうして?」
「紅薔薇のつぼみは、ねえ、ほとんど決まったようなものだし。」
「あら、由乃さまじゃだめなの?」
「だって、ねえ、ついて行くのが大変そうじゃありません?」
「うふふふ。」
「そうよねえ。」

「でも、由乃さまの妹ってわくわくするじゃない。退屈はしないわよきっと。」
「あーあ、笙子さんってこれだから。ふわふわの笙子さんと突っ走りの由乃さまじゃ勝負にならないわよ。」
「勝負って、勝負じゃないでしょうに。」
「じゃあ、参加するの? 笙子さん。」
「うん。一緒に行かない? 智奈美さん。」
「どうしよう。祐巳さまのプティスールになれたらすてきだけどなあ。」

 これはまぎれもなくチャンスだ、と思った。
 薔薇の館へ行けば、きっとなにかきらきらしたものが待っている。

 そして……撮ってもらえる。あの人に。とは、まだはっきり意識はしていない笙子だったのだけれど。

 そして、もう一つどうしても知りたいことがあった。

・・・・・・・・


 あの日。
 バレンタインデーの日、お姉ちゃんは誰にチョコレートを渡すつもりだったんだろう。
 お姉ちゃんとあの日食べた、ラッピングを解いてしまえば普通のチョコレート。

 いいえ。たぶん、わかってる。いえ、高等部に入って、お姉ちゃんの噂を聞くたびにそのことがわかってきた。

 あの時、黄薔薇さまいえ江利子さまは『あなたにもそんな顔ができるのね、安心したわ。』ってそう言った。お姉ちゃんに助け起こされながら、たしかに聞いた。

 『余計なお世話よ』って切り返す口調が、ほんのわずかに優しくて切なくて、わかって、しまった。ちゃらちゃらした人って、あの人のこと。
 三年間、いえもっと前からあの人に見て欲しかったんだ。勉強しても勉強しても追いつけない背中を見続けて、でも、最後にあの人はこちらも見ていたんだってわかった。
 だから……あのチョコレート、渡さなくてもお姉ちゃんは満足したんだ。

 それなら。
 江利子さまに会いたい。
 いえ、会っていまさらどうするんだろう。お姉ちゃんは進学して家を出た。
 でも、知りたい。


 由乃さまと、会いたい。江利子さまのことを聞きたい。
 お姉ちゃんの想い、江利子さまの思いを、知りたい。

 薔薇の館に行けば、なにかが動き出す。

 さあ、まずは応募用紙を取りに。





2005/11/03 公開

あとがき
----------------
イントロだけで爆死。
まあ、祭りの序になったんだからいっかなあということで。
で、聖ワレンティヌスの小さな奇跡で、一応完結と言うことになってます。
笙子同盟様寄稿版としては。
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。