Kuma Ichigo (くま一号)
  • Author:Kuma Ichigo (くま一号)
  • Kuma Ichigo (くま一号)の Hobby site.
    YURI, NOVEL GAME, VOCALOID & VOICE SYNTH.
  • RSS
怪盗紅薔薇の隠れ家
【を】な別室、です。
Counter



最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


RSS


mail form

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンちゃん、ちょっと見せて 【ファイル解析編1 大仰な前説】
いやあの、例のイベントの原稿が終わったら、なんとなくまた創作的なことには手が動かなくなっちゃって。
すこしぐだぐだと続けてみたい。

 さて、いまさらVSQファイルの解析をする理由って、リンちゃんのvstの方がやっぱり気になるから。
DAWから使えた方が楽で便利、というところから中身を見始めたんだけど、どうもね、VOCALOID2エディタからでは扱えないパラメータがたくさんあるのですよ。その中で、劇的に効きそうなものも、あるの。

 たとえば1
 "本気で奇跡の海" 以来のみんななやむところ、発音の繋がり。 ボカロエディタからだと、64分音符3つ分までは繋がり、4つ分から離れるということがなんだかんだでわかっているけれど、変だと思わない? だって、マニュアルとか見るとエンジンの方はmsecで管理されててテンポとか拍子とかは関知していない。、発音の繋がりはエディタの方でコントロールしていて、エンジンにつなぐ、つながないの命令を出してるはず。
 で、これはマニュアルのvst用コマンドのところに書いてある。音と音の間隔と関係なく、指定できる。

 たとえば2
 VOCALID2エディタでは、ビブラートって音符の属性になってる。 けれど、くま的にはDYNとかPITと同じように連続のパラメータとして下のペインにあった方が使いやすい。 で、vstのコマンドはまさにそうなっていて、ビブラートを人間に聞き取れるんかいってくらい細かく音符ごとに追求しているのは、エディタの方。あれは、つかえねー。
 なぜ、つかえねーかは、追々。だけではなんなので、
●細かすぎる=時間1msec=1/1000秒、音程1/5cent=1/1000音でパラメータ指定しても、人間の耳にとって意味がないって。それより、プリセットのビブラートプロファイルをもうちょっとマシにしてほしい。
●振幅が小さい=恋するボーカロイド テイクゼロのサイレンビブラートはビブラートのパラメータでは作れない。越冬つばめも無理だと思う。これ、PITでやってる。
●音程だけのビブラートで音量が変わらない、上下の振幅が同じで下に大きく、とかできない。
 おっそろしく凝っている割に効果が薄いんだよねー。

 そうそう、産総研pことぼかりすの人たちも、発表資料の最初でビブラートは連続パラメータの方がいいようなことを言ってるんだけど、なんのことはない、エンジンが最初からそうなってるからできただけのこと。……自分のところで音声合成せずに、パラメータの研究って、産総研でやるようなことなのかねえ。ニコ動でよってたかってやってることの方がよほど……現にMikuMikuDanceのヒトが、さくっとMikuMikuVoice=DynとPitで実際の歌唱をシミュレートするものをすぐ作っちゃったけど。この話も追々。  Voiceの方はまだ正式公開じゃないらしく、MikuMikuDanceと同じページにあるんだけど、名前が書かれてないので、まだ神ツールその3騒動はそれほど大きくなってない。けど、これも凄いよ。


 たとえば3
 リンACT1の大問題だった滑舌、ポルタメントのパラメータで大きく変わる。 これが、エディタからでは決まったパターンの組み合わせしかできない。

 たとえば4
 どういう設計思想なのかよくわからないんだけどねえ……。
Dyn以外の「音量」のパラメータをすべて抹殺してしまった。 音程はもう、パラノイアちっくにとんでもなく精緻に細かく、人間が聞き分けられる範囲を遙かに超えて、というよりPCで再現できる範囲を超えて(笑)パラメータが指定できる。

 だけど、音量は、ほんっとに全部、Vocaloid2が自分でやる、と宣言してユーザーにさわらせない。あとから波形ソフトとかDAWで調整しなきゃダメってちょっとねえ。だいたいコンプレッサーなんてホントはパラメータでできなきゃ嘘だよ。Dynのカーブ変えるだけでできるのに。
 (ミクにコンプレッサーが効かないのは、最初からコンプレッサーかけ過ぎ状態だかららしい。リンには効く。というかAct.1はぐちゃな効き方をした。2はまだ試してない。)
 ♪アタックとか~もうす~こし、気をつーけーてーほ~し~~いの♪ と言われてもアタックだって、な・い・じゃん。アクセントは似て非なるもので、Vocaloidが制御してるアタックの傾向を何となく変えられるだけ。Decayに至っては……あまりにひどすぎorz

 それが、vstからだと、Volume、Panpotが曲中で変えられるとか、それなりの融通が利く。
 それでも、MIDIのVELに相当する、えーと、ビアノの鍵盤をたたく強さに相当するパラメータはないし、いや、ビアノみたいな減衰音じゃないからいいんだけど、音程のパラメータのあまりの細かさに比べて、音量が128段階のDYNだけって……。この設計思想やっぱりよくわからないや。どうやって使うことを想定したんだろう?

 あかん、前振りだけで長くなり過ぎた。引き延ばしとかどっちが妹になるんだとか言われる前に(ぉ 次の記事へ。って、これを読む人がいるという想定で書いてないという設計思想。 覚え書きね。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。