Kuma Ichigo (くま一号)
  • Author:Kuma Ichigo (くま一号)
  • Kuma Ichigo (くま一号)の Hobby site.
    YURI, NOVEL GAME, VOCALOID & VOICE SYNTH.
  • RSS
怪盗紅薔薇の隠れ家
【を】な別室、です。
Counter



最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ブログ内検索


RSS


mail form

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンちゃん、ちょっと見せて (その3)
なんで音量がこんな変動を起こすのか。なぜノイズが出るのか。んで、オフセットはどうして?

 これ、LalaVoiceの時もAudacityの波形を見ながら考えたことがあって、専門家でもなんでもないくまが直感で思ったことを書いてみる。

 前の記事のAudacityの波形で合成音声ってこんなふうになるの? と思うわけです。横軸のスケールが大きいので音量のカーブだけしかわからないけど、それが二重に見えるでしょう? で、真ん中の薄い青の部分は比較的DCオフセットがないけど、濃い青のところが飛び出ている。 オリジナルリンとACT. 2リンで、同じ音、同じ音節でも挙動が違う。どころか、同じリンでも上行と下行で違う。な~ぜ~?

 ちょっと拡大すると、位相が回転してるみたいなのが見えてくる。Vocaloidから入った人はこれが当たり前だと思うんだろうね。でも、自然音でこれだけプラスマイナスの振幅が違うとか、こんなことって、ないよね?
RIN 位相?
 もっと拡大すると、二つの波が徐々に位相をずらしながら重なってるのがわかる。
ふーん、音声合成ってこういうことをやってるのか、と。

 LalaVoiceって、歌うためのエンジンじゃないでしょう? しゃべると綺麗な声なのに、LalaSongで歌わせるととたんにノイズが入る。DCオフセットも音程で変わる。CREに相当するような、高域を強調するパラメータを上げると、とたんにノイズが入る。挙動はよく似てる。
  でも、LalaVoiceは多分、こんな風に位相のズレがだんだん動いていかずにある角度で固定してるんじゃないのかな、波形見てもわからなかった。二つの波の位相が微妙にずれるんだとすると、音程を変えたときに二つの波の周波数が微妙にずれる、とすればなんとなくわからなくはない。
 この「うねり」の周期って、横軸を表示しなかったけど、0.1秒くらいなの。
この図は音程がD3なんだけど、切りのいいところで、500Hzで1/10秒で一周期ずれるとするでしょ? そうすると500Hzと500.1Hzの差だよね。子音のところはずっと細かい。一桁下で、500.01かな。 音程としてはどっちも感じないでしょう。この位相のズレのズレ(笑)でなんか起きてるんじゃないのかなあ。
 ただ、付け焼き刃でネットで調べた話でなんなんですが、位相の回転って母音でも必要なの? よくわかんない。

 それで。
ボーカロイド2って、ポルタメントでもディレイでも、ビブラートのパラメータでも1msec単位で時間管理してるよね。なにかタイミングのずれるところがでてくるんじゃないのかな、音程の周波数で割りきれないところとか。
 まあ、ボーカロイドの特許とか論文とかも読んでないし(読む気もないし)ここまで。スペクトル分析? そういうのはやりたい人にお任せします。
 えーと、音程管理の方は、1/5centだよな、半音の1/500。 えーと、500×((2の12乗根)の500乗根)って、やーめたってばーーー。

 ただ、科学の限界を越えたところの端っこを見たような気がしたの。
合成音声の音程を変える、なおかつ声質を変えない、ということがいかに難しいかということの。
さて。パラメータのスタート地点を決めるのだけが目的だったんだから、これから本題のリンちゃんに歌ってもらう方にもどります。

スポンサーサイト
りんちゃん、ちょっと見せて (その2)
つぎっ。
ビブラートのパラメータはどうでもいいのでとばす。
(つかわないやつ。PITとDYNでやります)

 下のコントロールパラメータをそれぞれこんな風に、上行下行それぞれで振ってみる。
音声は、最初がオリジナル、あとがAct. 2です。
上から順に設定値を決めて、その値で次のパラメータのテストをしてます。


● VEL
 オリジナルリンでは、聴感上ほとんど効かなかったの。ボーカロイドのVelocityはMIDIのVelocityと違い、音量に関係なく、子音の発音の早さって書いてある。早いほうが、ぐぉわにょんっ、って感じの鏡音エキセントリックガールアタック(ぅ にやられなくていい。

 音声サンプルは、アクセントを16%にしてから録ってるので、VELの効果はあんまりわかりません。

 このスクリーンショットではすでになってますが、20に設定。ここから下の音声はVEL=20固定です。

 ここで前言撤回。今度はオリジナルの音量が山形に変化してて、act.2の方がそろってる。
繰り返すけど、全く同じVSQだからね。 さっきの無調整と逆だから、ファイル取り違えたかと思って録りなおしたんだもん、間違いじゃないよ。

 ボーカロイド2のエンジンって言葉の発声に全力を集中していて、音量制御が「苦手」か「気にしてない」んじゃないのかしらん。これまでもいじってて聴感上思ったことはあるけど……。
 パラメータの設計がそもそも、音量はDYNだけで、MIDIでは音量をコントロールしてるVEL、VOLUME、マスターボリュームも、殺してあるでしょう? アクセントとディケイも、基本的にエンジンにお任せなので、おおざっぱに傾向を変えるだけだよねえ。 んで、ビブラートは音程だけのビブラートで音量は揺らしてない。
 音量のコントロールが「できない」んじゃないかなあ、疑惑。

 じゃどうすればいいかって、MIDIの5つくらいのパラメータに相当する音量をDYNだけで調整するしかないんだけど……。

 そういうわけで、DYN(amics は音量だからパスして、
● BRE
 ブレシネス。息。 これが、オリジナルリンちゃんではノイジーで全く使えなかった。
ACT.2 は……なるほど。ノイズを減らしたというだけあって、100くらいまでは使えそう。でも、ミクの吐息まではまだまだ及ばないかなあ。
 100を越えると、やっぱりただのノイズになる。いや、トーキングモジュレータをかけたロボット声になら使えるけど。ファイルサイズの関係でサンプリングレート64kなので、ノイズはあまり差がわからないかも。


● BRI、CLE ブライトネスとクリアネス
 全体に、滑舌をはっきりさせるためには、どうやってもくぐもった声になってしまう、という、学園長お姉さまの結果がそのまま出てるようなACT. 2なんだよねー。やっぱり、実家の開発者自身がやってもそうなるんだねえ、と、いうのがACT.2 リンちゃんのデフォだから、BRIとCLEはちょっと上げ目にしておきたい。
 BRIは初期値64に対して90に設定。

 CLEが問題で、これもオリジナルではノイジーであんまり上げられなかった。だいぶ減ったけど、110くらいでかなりノイズが乗ってくる。 初期値0を40くらいに上げるとオリジナルリンとだいたい似たような感じ。
 ただ、これって、エンジンの調整範囲をずらしただけって感じがするなあ。オリジナルリンが0~127まで調整していたのを、範囲をずらして、だいたい-40~87まで動かせるようにしたみたい……と言ったら、リンマスターにはわかるだろうか。 オリジナルとACT.2の声質での違いは、これが一番目立つ。

BRI (VEL=20)

 音量変化はますます謎。 BRIを上げるとだんだん大きくなる、のはいいんだけど、オリジナルリンは下行のミだけ小さい。 ACT. 2は上行のソの最後がぶわっと大きくなってる。くどいようだけど、同じVSQだからね。
 それはともかくとして、同じパラメーターであれば、だいたいほとんどおおざっぱにACT.2の音量が小さくなる傾向にあると思われる。
 (というような言い方をしたくもなるじゃないか)

CRE (VEL=20, BRI=90)

 とにかくノイズが減ったというのはわかる。んで、その分、デフォルトでは声がこもって音量を落としてあるので、CREの調整は必須かもしれない。 調整の範囲は広がった。

● OPE オープニング
 これは、同じようにかかるのを確かめただけ。
OPEを何に使うかって? おもしろいんだよ、ほんとに口を閉じた状態になるの。
 「ん」はひらがなの"ん"を入力しないで、"M"かなんかにしておいてOPEを一気に下げてDYNも落とした方がそれらしい、って物の本に書いてあったからやってみたら、けっこううまくいく。
 「お」とか「え」とかにかければ、"ö"とか"ë"とかちゃんと出るし。 じゃあvとかfとか出ないかなと思ったんだけど、子音にはかからない、と先達のみなさんの解析によればそういうことです。

 たしかに、母音のところだけしかかかってないように聞こえる。

● GEN ジェンダーファクター
 おもしろいことに……と思うのはくまだけ?……高域をカットしても、GENは変わらないんだねえ。
フォルマント(=GEN?)と声の高さは別だってのがよくわかる。 やっぱり、声は違っても声質は同じなの。
……言葉では意味不明なので、聴いてください。


 とりあえず。 リンちゃんACT. 2の調整スタート地点は、これで決めてしまう。
VEL=20
BRI=90
CLE=40
あとはそのまんま。

 つづく……かどうかはわかりません(笑)

 あとなにがあるのかって? リンちゃんの鏡音スーパーラジカルアタック (わ がほんとに怖ろしいのは、順番に、というか滑らかに音程が変わるところじゃなくて、音が飛ぶところだよ。前の音と後の音の音程差が大きいほどアタックの変化が大きいの。だから、しゃべらせると抑揚が大きいところほどかっ飛ぶんだよね。
 オリジナルリンでパラメータではどうにもなんなかった、滑舌と抑揚がどうなったか、は、しゃべらせてみればわかる(笑)。
リンちゃん、ちょっと見せて
ずいぶん、違うんですよ、リンちゃんACT.2。
あの鏡音アタックが抑えられてるだけじゃなくて、ずいぶん高域をカットしたような?

 まあ見てくださいな。聴いてもらえるかどうかは、このblogでmp3上げたことがないんで、わかんないけどやってみる。
 
 とりあえず、デフォルト設定で、ど~れみふぁそらしど~↑ ど~しらそふぁみれど~↓
ポルタメント上下ともオフです。


最初がオリジナルのリン、あとがACT. 2。 ファイルサイズが大きくなっちゃうので、mp3のビットレートは64kです。ノイズと高域はこれじゃわかんないかもなー。そんでも380kあったりします。

 音量だけ見たって、こんなんだよ。全く同じVSQの一切調整なしで。


 ね、某お姉さまがやってたみたいな、フレーズごと音量を上げたり下げたりをやってるんじゃないかなあ。
聴感上でも、だいぶ音量は下がった気がする。
 そうそう、LalaVoiceでもそうなんだけど、音声合成の声って、音節、音程によってオフセット(プラスマイナスの振れ幅が違う)が出るんだよね。位相ずらしたりしてるからなのかなあ。それで、波形編集ソフトでDCオフセットの除去を自動でやるとわけわかんないことになります。

 鏡音ストリームアタック(ぇ? がだいぶ弱くなったので、ポルタメントの調整スタート地点は、こんな感じにしてみた。
 ポルタメント上行下行ともONの時、深さ8%、長さ50%。ディケイ20%、アクセント16%。 それでもやっぱりアクセントは下げる。

 参考までに、オリジナルの方で鏡音ビームアタック(ん をわざと大きくしてみるとこうなる。
ポルタメントを上下ともオン、深さ、長さを100%、アクセントも100%。


かおす。
 いや、アタックというより、音の最初の音程がぐわぉんって下がるのが制御不能。ポルタメントの深さは大きくできないんだよねー。 それはACT.2でも変わってない。 基本的に変わったのは音声DBの方だけみたいだから。

 つづく。
そういうわけでリンちゃん ACT. 2
封筒見たら、ゆうメールなのに佐川急便……ふーん、ダイレクトメールの代行みたいなもんか。
えっと、それはいいとして。

 ↓昨日の写真の中のシールの裏に、こんなことが書いてあるよ。
『……旧バージョンである鏡音リン&レンのデータベースは、2008年の上半期までにご購入いただいたユーザー様のお手元に残るのみとなりました。この シールは貴方が鏡音リン&レンを長久愛用するユーザーであることを証明すると共に、オリジナル『鏡音リン&レン』公式WEBページのイメージ(記憶)を留 めます。


 ほえー、画像、変わってるの? あ、よーく見たら変わってる
なんとなく明るい顔になってるような。 っていうのは気のせいと印刷のせい、かな(笑)

 腕の02の下が、小さくてよく見えないけど、VOCALOIDだったのが、ACT2になってるみたい。
それに、腕の楽器がちがう。
 元は、緑色の液晶一行らしい、YAMAHA EOSじゃないかって言われてたけど、もっと小さいやつだった。
液晶一行の上にボタンが8個。
ACT. 2のこれはなんだろう? なんか16バンドのイコライザーみたいにも見えるねえ。
来た
来た。いやぬこのことではなく。
(こいつはうちへ来てもうすぐ一年の双子の片割れ、力丸(りきまる)だ)
Rin Act2

 いや、そうじゃなくて、ユーザー登録していれば申し込まなくてもやってくる、鏡音リン・レンAct. 2。
ようするに無償バージョンアップなんだけど、全ユーザーにDVD-ROMが申し込みなしでやってくるというのは、クリプトンさん、なかなか気合いが入っていてよろしい。
 ちょうど、修羅場が終わったところで、しかも三連休ではないか。

 さて、インストールインストール、るんるん。
Vannesa って何?
 ふーん、ゲーム性のために曲をぶっ壊すアレンジ、なんてもんじゃないな、これ。なるほどねえ。
と、また約一名にしかわからない話題が続く。

 で、聞いていて、わかったような気がする。ちゃんと強弱がついて響きがある本物のドラムで叩いたら悪くないアレンジになるんじゃないのかなあ。というか、本物を録ったらこうなっちゃったんじゃないかな。
 ドラムの音が『機関銃』になるのをどうするかなんて、それこそ前世紀からよく知られた打ち込みテクニックなんだけど、ACのdm(またか)じゃできないのかなあ。 ACから音録ってるんだよねえ、これ。

 ということで余談に突入。その前世紀の打ち込みテクの話。
 えっと、機関銃の話に絞ります。
簡単な話で、MONOとPOLYの違い。キーボードで単音しか出ないか和音が出るかの違いなんだけど、これがドラムでも効くの。同じ音の連打で、MONOだと次の音が出る前に前の音が切れる、だから機関銃になる。 まさか、音ゲーのACでこんな音源使ってるの?
 これ、実はVOCALOIDがそうで、回避するには複数トラック使うか、あとからめいっぱいその部分にエコーかけるか。意図的に使えば魔理沙の盗んでいかれたモノクロの中間部になるの。(あれは本物のボーカルだから作り方は違うけどねっ……って意味が通じているのか?)

 打ち込みで回避するために、MIDI音源ってやつには仕掛けがある、あった。GMだのなんだのって音色規格にはドラムセットにスネアが二つ、バスドラが二つあるんですよ。和音が出せる音源が使えない時代の逃げの一手。 bmにもスネアとバスドラは音源としては二つずつあるんじゃないのかなあ、曲を聴いていると。
 いや、できないのかな。まだたくさん聴いたわけじゃないけど、スネアロールが入ってる曲ってなかったような気がするな……。いや、スネアロールは判定できないか(笑)。
 もしそうだとして、アレンジで機関銃を回避するには、三連16分音符? を連打しないようにするだけなんだけどね。

 そうなの? >約一名様
 もひとつ。Wiiは上級者過ぎました。くまには97%意味不明ですわ。

 で、それをネタに、またジャンル増えてるし。作品一本できてるし。

アリプロ関係者で廻ってるバトン
 私はアリプロ関係者なのか?
とは思ったんだけど、昨日の記事を書いたところにこれが来たので、カラオケでアリプロを絶唱することをこよなく愛する、もえぎゆえちゃんのところから、勝手に拾った。
 バトンなんてずいぶん久しぶりだー。

◆名前
⇒くま一号

◆年齢
⇒今野せんせの二つ下らしい

◆性別
⇒くま

◆誕生日
⇒1月22日

◆星座
⇒水瓶座だそうです。
 22日って切れ目あたりだから、どっちにも転ぶんじゃないの?

◆血液型
⇒A

◆職業
⇒パートタイムのマリみてSS書き←と、自分で書けるまでに3年かかったって

◆住所
⇒うち

◆性格
⇒なんか最近、明るくなったらしい。
 で、時々はしゃぎすぎてうざいかもしれない。

◆口癖
⇒要するに、と言っておいてそのあと全然要約になってなくて長い。

◆髪型
⇒1000円カット

◆身長
⇒176

◆体重
⇒くま - 30kg
 今では、くまじゃなくなっちゃいました。
ちょっと力を入れれば 「横から見ても腹が普通のヒトだ」 と大猫が叫ぶくらいに。

◆制服
⇒中学、高校はふつーの制服。 (なにが普通かは謎)
 かなり長いこと作業服してました。

◆ペット
⇒小猫二匹。ケット・シー 一匹。

◆部活
⇒ラッパ吹き6年で、喘息のためドクターストップ

◆好きなアーティスト
⇒ここは、アリプロって書くところなの?
 いや、pastel pureで知ったというのがナニだけど、この三年でずいぶんはまりました。

◆好きな色
⇒マリンブルー

◆好きな食べ物
⇒甘いモノ、というのは変わってません。
 なんかね、ケーキとか好きなんですよね。

◆嫌いな食べ物
⇒千切りのキャベツ(笑)
 クッキーとかのぱさぱさしたものはだめらしい。

◆好きな飲み物
⇒カフェオレ
 最近、大猫の影響でグァバジュースにはまっている。


◆嫌いな飲み物
⇒ドクター・ペッパーみたいなルートビア系はだめ。
 炭酸が全くだめだったんだけど、最近飲むようになりました。

◆好きなテレビ番組⇒大猫が見ていると、事情でヘッドホンなので音声なしなんだけど海外ドラマっておもしろい。

◆好きな映画⇒全部は観てないけど、ハリーポッターとマトリックスはおもしろいと思う。
 と、ゆえちゃんが書いてたので賛成。

◆好きな柄⇒縞。 だれだ、ぱんつ想像したやつ、って、ゆえちゃん、このフレーズどういう柄でも使えるんじゃない?

◆好きなスポーツ⇒基本インドア派だけど、テニスは好き。泳ぐのも好きです。

◆好きな季節
⇒夏。

◆好きな花
⇒なぜか桔梗とか。青系統が好きらしい。

◆好きな教科
⇒英語と体育以外。 (好き、と成績は別)

◆嫌いな教科
⇒英語と体育。

◆好きな店
⇒ダイソー(笑) なんかね、見て回るのが好きなの。

◆好きな人
⇒みんな大好き! とか書くと殴られるな。
でも、今、20年ぶりくらいにそういう気分になっているらしい。

◆付き合った事ある?
⇒ある。

◆何人と付き合った事ある?
⇒秘密。

◆初恋
⇒小学校一年生かな。

◆理想のタイプ
⇒とにかく、なにによらず話が通じる人。 この意味がほんとに頭にたたき込まれるまで、ん十年かかったよ。

◆告白した事
⇒ない、という大猫推定、当たってますよ、ええ、当たってるって。

◆告白された事
⇒どーせ、相手がいらいらして我慢できなくなって押し倒されるんでしょ? という大猫推定……当たってるかもしれない。

◆将来の夢
⇒もう一度、南の海へ帰りたい。てか、永住したい。

◆目標
⇒家系黒字。

◆自慢な事
⇒ファーストガンダム放映前の頃、家が某テレビ局の関係施設の管理人を住み込みでやってたの。
それを、ものすごーく省略して言うと、富野がうちでガンダム制作の打ち合わせをしてた。になる。

◆今欲しい物
⇒朝食。

◆大切なもの
⇒なんか、大切なモノが増えてしまったなあ。なにももってなかったのに。

◆行きたい場所
⇒仕事じゃなしに台湾。

◆特技
⇒楽器演奏全般。 広く浅く、というのが。

◆不思議に思う事
⇒私、よく生きてるよなあ。

◆悩み
⇒カネがない。

◆資格
⇒運転免許の他、危険物乙4となんとか作業主任者って技術系を2つ

◆携帯
⇒WILLCOMにして半年。東芝のやつ。

◆着信音
⇒設定してる暇がないよお。プリセットそのまま。

◆最後に回す人
⇒自由に拾ってください。

海外サイト
いや、マリみて海外サイト、何年か前にぐるっと回って爆笑したことがあったんだけど、ふとしたきっかけでまたぐるっとしてみた。全然様相が変わってる。わははははは。

 あの時は、架空のドメインのつもりで、rosagigantea.netとか、一応存在は調べたつもりででっちあげちゃったら、実在してて、しかもフランスのマリみてファンサイトだった(今は消えてるみたい)というのがきっかけだったんですけれど。

 様相が変わったというのは、アニメや漫画じゃなくて、今野せんせの小説そのものの公式な訳本が出始めてるの。だから、訳語が固まってるの。
いや、3年前にはまさかマリみてが翻訳と思ったよ。

 意外なのは、タイトルの「マリア様がみてる」というのが訳しにくいらしいということ。
直訳で、マリア様があまねく地上をみていらっしゃる、という表の意味にはならないみたいだし、そのタイトルで百合に走るとキリスト教圏だと宗教的反発も来るみたいだし。へええ、なんで? という感じなんだけど。
 しかも悪いことすると見てますよ、というちょっと妖しい意味を含めるのは(含んでると思ってるのはくまだけか)翻訳者には至難だよね。

 で、公式の英訳はまだないみたいだけど、英語のタイトルが国際的に "Maria-sama ga mireru" で確定してしまってるのね(笑)。 おい。
 3年前には、勝手に小説を訳してる人たちがいくつかのグループあったんだけど、タイトルは定まってなかった。日本語そのまんま、が定着するとは思わなかった。 うーん、ネタとしては面白くない。
 勝手訳はだいぶ進んでて、いばらの森/白き花びらの完訳があったり。 長沢版漫画は……単行本のほとんど完全版が流れていたり……いいのか?

 びびったのが台湾……へええ、ライトノベルって大量に訳されてるんだ、3年前は小説の公式外国語訳ってなかったけど、とうとう公式の中国語……えっと繁体字北京語だと思うけど……え? いとしき歳月(後編)まで出てるの? 祐巳一年生編終わってるじゃん。
 タイトルは、3年前は、大陸系の「聖母在上」 (マリア様は天におわします、てな感じなのかな? 実際は簡体字が多かった) とその他の
瑪莉亞的凝望 」が、中文圏を二分してた。
↑中国語繁体字、化けたらごめんなさい? 日本語でそれらしく書いて[王馬]莉亜的凝望、これは直訳っぽいよね、漢字的になんとなく。凝視されてるみたいでやだ、という話が3年前の時はあったけど。

 で、台湾で公式版が出たので、
瑪莉亞的凝望 」が圧倒的に多くなってる。
 台湾行ったら買ってこよう。いや、行きたくないんだけど仕事が……さすがに明後日フライトの上司に頼む勇気はなかったけど……。


 笑えるのが、ドイツ語。 って、え~~~~~~~。
英訳より先に独訳がでてるの? ウァレンティヌスの前編まで、5冊出てるよ。ちゃんと26冊の表示があるよ。
シリーズの5冊まで出てるっていうのは、売れてるっていうことだよね?
うーん。マリみて畏るべし。というより、ニッポンのラノベ畏るべし。

 で、なにが笑えるかって。 マリみてのドイツ語訳が出たらどうなるかって、わかり切ってるじゃないですか。
そうです、あなたの予想通り、なにこのローゼンメイデン

 タイトルがもういきなり、Rosen unter Marias Obhut ……えっと、自動翻訳自動翻訳、う、ぐーぐる翻訳では意味不明。 ローゼン・ウンター・マリアズ・オプフット?
ネット辞書引きながらだいたいなんとなく訳すと、直訳的には、マリア様が見守る薔薇たち。 見守るというより「庇護する」なのかしら。つまり、

「マリア様がみてる薔薇乙女


 来ましたね。pastel pureとは違う方向に走ったアリプロですね。
 いや、乙女とは書いてないけど訳すならこうでしょう。 

 んで、当たり前すぎるほど当たり前に
薔薇さま=ローゼン
です。

 いちいちローズレッドの文字サイズミディアムがめんどくさくなってきたので、ここから普通に。
じゃあ、リリアン女学園は、デル・リリアン・ハイスクール・フュア・メイデン……は、外れ。 メイデンじゃなくてメートヒェンになるのね。って「女子高校」にメイデン=乙女つーか処女はないだろ。 無知がばれるので、ドイツ語の綴りは書きません。 「女学園」は訳してない?……高等部がオーベルシューレじゃなくて英語のハイスクールなのはなぜだろう。それって普通なのかな?

 んじゃあ、スールは、って、そのまんまフランス語のスールです。 その国の言葉の「姉」「妹」と聖職者の意味の「シスター」と重ならない言葉にすると、どこで訳しても「スール」になるところがおもしろい。 プティスールもプティスール。

 さて、だんだん核心に入ってきますが。
山百合会=yamayurikai  あれ? あっそう。 それ、yuriって発音を入れたかっただけだろ・疑惑。
つぼみ=ローゼンクノスペ あら? 薔薇のつぼみの直訳?
つぼみの妹=ローゼンクノスペ・アルス・プティ・スール わははは、独仏ごっちゃまぜ。

さあ、メインイベントです。
紅薔薇さま=レーテ・ローゼ
黄薔薇さま=ゲルベ・ローゼ
白薔薇さま=ヴァイス・ローゼ

うそおぉぉ。おもしろくないぃ~~~。
 短い紹介文から拾った単語だから、本文にはロサ・キネンシス・アン・ブゥトン・プティ・スールがちゃんとあるかもしれないんだけど……。

 仏訳になったら翻訳者が頭をひねってどういう腸捻転になるか期待してるんだけど……だって日本語から英語に自動翻訳したのを、もう一度日本語に自動翻訳するようなものでしょ? でも、この分だとふつーにおもしろくないかなあ。

 でもね、志摩子さんに、ロサ・ギガンティアよりは、ロゼ・ブランシュの方が似合うような気はしなくもない。


凄かった
何がって、校正の叩き合い。
いえ、叩き合いそのものはそんじょそこらにもあるのかもしれないけど、叩かれて「それは違うだろ!」って外れがなかった。 いや、取り入れなかったものはあるけど、見当違いのツッコミって皆無だった。

 いや、貴重な経験をさせていただきました。
ありがとうございました。

 んで、二年半ぶりに公約を守れました(そこか)
そろそろ、こっちの世界も社会復帰するか? 一人じゃ無理のような気がひしひしとするけれど、今回頼った方々がバックにいてくださるのなら……


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。